Instagran始めました! 右上のアイコンからご覧頂けます。フォローよろしくお願いします♪

ワンオペが一番辛い嘔吐の看病に備えて~看病グッズを揃えよう!

こんにちは、4歳と0歳の男の子をワンオペで育てるNamiです!

小さい子供がいるご家庭ではなかなか避けられない胃腸炎。

インフルエンザ等、数日間会社を休まないといけない感染症もビクビクしますが、

重大な病気を除いて、日常的な感染症の看病の中で

最も大変なのは嘔吐。

そしてそれは突然やってきます。

ちょっと具合悪そうだな・・・と様子を見ていても、

「気持ち悪い・・・吐きそう」と言えるようになるのは4・5歳くらいでしょうか。

それでもビニール袋や受け容器に間に合わないことも多々あります。

抱っこ抱っこの乳幼児期に子供の嘔吐を全身で受け止めたこともしばしば・・・泣

大人の手があれば、着替え・後片付け・子供の看病と役割分担をして回せますが、

夫が不在の時はすべてを一人でやならければいけません。

そんな状況時に慌てず、萎えず、淡々と看病をできるように我が家で備えているものをご紹介します!

不用品が出た時点で確保しておくもの

  1. タオル
  2. ママの服
  3. 子供の服

タオル

嘔吐を受け止める時に使います。枕元の周りに多めに用意しておき、

「うぇ」と聞こえたり、咳込んだらすかさずそのタオルで嘔吐を受け止めます。

シーツを汚してしまうと、シーツを布団から外したり、その間子供を一時的に寝かせる場所をつくったりと

労力10倍増しです。

子供の服も汚さずに済めば、着替えもしなくて済みます。

タオルで受け止めることができたら、とりあえずそのタオルはビニール袋や蓋つきバケツにいれて消毒や洗濯は後回し、

子供の看病を継続できます。

もう捨ててもいいかなというタオルはぜひ取っておいてください。

我が家では嘔吐を受け止めた古タオルはそのままビニール袋に入れて捨ててしまいます。

ママの服

0~3歳くらいまでは具合が悪いとママにくっつきますよね。

特に抱っこの乳児期なんかはママが全身で嘔吐をかぶります・・・泣

タオルを子供の顔と自分の胸元の間に挟んでおけばタオルで受け止めることができますが

1回目の嘔吐の時なんかはそこまで準備できていないものです。

普段着の中でこれはもう捨てようかな~という服の中で、脱ぎやすいものはぜひ取っておいて

嘔吐の看病時に着てください。

子供の服

サイズアウトした服の中でも身幅がゆったりしているものは嘔吐時のパジャマとして使えます。

これは使い古してさすがに売れないな~、お下がり回せないな~という服は

ぜひ取っておきましょう。

寝室に常備しておくべき看病グッズ

 

だいたい夜に熱を出します。夜中寝ている時に急に嘔吐をします。

我が家では夫が終電帰り、ヘルプで帰宅コールをしても1時間半後の帰宅です。

なので夫が帰宅するまでの間、一人で子供の看病、後片付けをこなさなければいけません。

ママ・子供ともに嘔吐まみれの状態で着替えや嘔吐の処理グッズを

家のあちこちに取りに行かなければいけないというのは非常に過酷です。

そんな時に備えて予め、寝室には以下の看病グッズ一式を置いておきましょう。

  1. 捨ててもいいタオル
  2. 捨ててもいいママの着替え
  3. 捨ててもいい子供の着替え
  4. ビニール袋
  5. ビニール手袋(2枚重ねで使用する)
  6. 消毒スプレー(次亜塩素酸ナトリウム)
  7. 替えの防水シーツ
  8. マスク

家族への二次感染を防ぐために嘔吐物の片づけをするときには素手で触れないよう

ビニール手袋とマスクをしてくださいね。

 

服や布団などの布についた嘔吐物の処理方法、床の嘔吐物の処理方法はこちらのサイトでよくご説明されています。

https://chibimama-info.com/859.html

 

・・・・嘔吐で汚れた衣類の消毒・洗濯がいかに大変かご理解いただけると思います。

だから・・・・消毒・洗濯の手間を省くために、捨ててもいい不用品を備えておくんです!

避けては通れない道です、万全の備えをして看病に励みましょう!

片づけ後は必ず手洗いとうがいをして二次感染を予防しましょう!

 

最新情報をチェックしよう!